車を売るとき、下取りか買い取り、どっちがお得?

f430

車を売るとき下取りか、買い取りか、どっちがお得?


下取り:車を買うディーラーで今まで乗ってた車を引き取ってもらうこと
買い取り:買い取り専門業者で車を買い取ってもらうこと



新しい車を買うとき、今まで乗ってた車を売って、新しい車の資金の足しにしたり、頭金にしたりする人が多いと思いますが、車を売るときに、下取りに出すか、買い取りに出すか、どっちがお得なのでしょう?




■ 買い取りの方が高値が付く事が多い

車種にもよりますが、だいたい買い取り専門業者の方が5~15%ぐらい、高値がつくと言われています。売却する金額が60万円なら、3~9万円ぐらいの差がつきます。また下取りでは値段がつかない車でも、買い取りだといくらかで買い取ってくれることが多いです。




■ なぜ買い取りの方が高値が付くの?

買い取り専門業者は、買い取った車を提携している、中古車ディーラーチェーンに売却します。買取業者はすでに売り先が決まってるから、多少高く買い取ったとしても、リスクが少なく利益を取れるのです。さらに一括査定見積の場合、各買取業者が買取額を競うので、買取価格が高くなります。

でもディーラーの下取り車の場合、多くがオークションに出されます。オークションに出された車は、安く買い叩かれるので、高くは下取り出来ないのです。



kaitoriimage




■ 人気車種は値段の差が小さい

ディーラーの下取りに出す場合、人気車種だと比較的高値で下取りしてくれます。人気車種だとオークションでも値段が高くなるし、そのままそのディーラーのお客さんに販売することもできるからです。でも、やっぱり買い取り専門より高値が付くことは少ないです。

またレクサスなど、一部の高級車の場合、購入時の値引きは一切しませんが、下取り価格に上乗せという形で割引をしてくれる場合もあるので、その場合は下取りの方が高くなる可能性があります。




■ どこの買取専門業者がお得か?

買取専門業者もいくつかあります。車種によって得意な業者とそうではない業者があるので、一括査定見積もりを出すのがオススメ。複数の買取業者から一括で見積が出るので、その中から高くで買い取ってくれるところで、売ればいいでしょう。


一括査定見積りはこちら



 

サブコンテンツ

このページの先頭へ