フィットを買うなら・・・



ヴィッツは今さらな感じがするし、イストはなんかデカイし
デミオはカッコイイけどマツダだし(笑)

ノートもアクアもいいけど・・・


やっぱりフィットを買おう!


試乗もしたし、ディーラーの担当者もいい人っぽい

大体の支払い額も、なんとなくわかった



後は、今乗ってる車の査定をしてもらって、頭金をどれだけ入れて、毎月どれだけ返済するか決めるだけ


つまりは、今の愛車を手放すことになるわけですが・・・



新しい車も良いけど、今まで乗ってきた車もいい車だったんです

女性はどうか分からないけど、男にとっては車って、相棒みたいなものです

新しい車との出会いは嬉しいけれど、今までの愛車との別れは悲しいものです




せめて高く買い取ってもらいたい

それが今まで乗ってきた愛車への、最低限の礼儀のような気がします





しかし、新しい車を買う時って、ほとんどの人が車を買うディーラーに下取りを出すと思うんです


ディーラーはホンダならホンダ、トヨタならトヨタという、日本を代表するような超有名企業が手がけているわけです

だから下取りの価格も適正な価格で、他のところよりも、きっと高いんだろうって、錯覚に陥りがち



でも違うんです

実際には、ディーラーで下取りに出すより、買取専門店に出すほうが高値が付きます





具体的にどのくらい高値になるかっていうと、基本的な買取額によって、全然違ってくるんですが


買取額が30万円を超える車の場合だと10~20%

参考:8年落ちのヴォクシーの買取り例(画面中ほど)



つまり、ディーラーの下取り査定で100万円だったなら、買取専門店に出せば、110万円~120万円になります



さらに、年数が経ってたり、事故歴があったりすると、ディーラーの下取りなら、金額がつかないどころか、廃車費用を請求されることもあります


実は査定がつきにくい車ほど、買取専門業者の方が高く査定してもらえて、よほど古かったり、ボロボロじゃないかぎり、数万円の査定は付きます

買い取り専門業者は、パーツ取り需要などにも販路を持ってるんです




■ ディーラーが、ボッタクってるわけじゃない

ここでカーディーラーの名誉のために言っておきますが、買取専門の方が高値を付けてくれるからと言って、ディーラーがぼったくってるワケではありません


ディーラーには、中古車を安く買えない事情があるのです



ディーラーの仕事はあくまで新車の販売です

自動車会社から、新しい車を販売する使命を与えられているので、中古車を販売する力は、実はとても弱いのです

一方、買取専門業者は、中古車販売を専門にしている販売店とつながっています




ディーラーが高く車を買い取れないのは、買い取った中古車を、自社では売れないので、他の中古自動車の販売店に売却するためです


逆に買取専門業者は、中古自動車販売店と密接につながっているので、高値で買い取ることが出来るんです



また、ディーラーの場合は、ディーラー専属のサービスマンが査定をします

サービスマンは、車の車検、整備なども行うかたわら、下取り車の査定を行います


買取専門店のスタッフは、買い取り査定ばっかりしているので、査定の腕はディーラーよりも高いんですね



そんなこんなで、ディーラーで下取りしてもらうより、買取専門店の方が、高値で買い取ってもらえるんです


長年、そのディーラーとの付き合いがあったりする場合は、なかなか買い取りは買取業者で・・・って言いにくいかもしれませんが、最近はそういうお客様も増えているので、意外とすんなり納得する場合が多いです

特に付き合いがなければ、普通に買取専門業者で買い取ってもらったほうがいいと思います



あなたの愛車の査定はいくらでしょうか?


 
 
 





サブコンテンツ

このページの先頭へ