車の下取りは損?

 
 
ちょっと待って
車の下取りは最低5万円の損!



ちょっと気になる車が発売された。試乗してみるとかなりいい感じだし、値段も手頃だし、見た目も悪くない。今の車も愛着はあるんだけど、もう古くなっているし、走行距離も増えてきたし・・・


やっぱり新しい車を買おう!

そう思ったら、ディーラーに行って新車の見積もりを出してもらいますよね。んでその時に、購入資金の足しにするため、今乗ってる車の下取り査定も一緒にしてもらうでしょう。



でもね、ちょっと待って下さい。ご存じですか?車を売る時って・・・

ディーラーの下取りは、査定額が安い



そうなんです。実はディーラーの下取りって、査定が安いんです。

ディーラーはそもそも新車を売るのが本来の仕事です。中古車を売るのは得意じゃない。っていうか、中古を売ると新車の販売に響くから、あまり積極的に売れないんです。中古車ばっかり売ってると、メーカーから怒られちゃうし。


ディーラーで下取りした車は、自分とこで売れないから、結局は外部の中古車店に売ることになります。中古車店に売る時は、直接お客さんに売るわけじゃないので、当然安く買い叩かれる。なので、ディーラーでは、高値で下取りすることは出来なんです。



中古車を売るなら買取専門店の方が査定が高い


買取専門店は、中古車店と密接につながっていたり、中古車店が直接運営してたりするので、高値で買い取ることが出来ます。ぶっちゃけた話、ディーラーが中古車屋に売る金額とさほど変わらない。

しかも最近は、買取店が複数競合して、相見積もりが取れる一括査定サービスがあるので、車を得る場合はそういうサービスを利用すると、ディーラーに下取りを出すよりも、平均で10~20%ほど高値が付くようです。


こんなに変わる!あの車の査定額





■ デメリットは無いの?

ディーラーの下取りより、買取の一括査定サービスを利用したほうが高値が付くのは分かったけど、下取りの方がいい場合、つまり買取一括査定のデメリットってのは全くないか?と言われれば、多少はあります。


ディーラーとの関係性
ずっと昔から懇意にしてて、ディーラーの人とも仲良くなっているような場合だと、わざわざその関係性を崩してまで、買取査定を利用することも無いかもしれません。車によっては数万円の差にしかならない場合もあり、その数万円よりディーラーとの関係の方が大事なら、無理に買取査定を受けることもないでしょう。


値引きをしない車を買う場合
例えばレクサスなど、メーカーの意向で値引きをしない車の場合、下取り価格を上乗せして、実質値引きをするところもあります。そういうところは、交渉次第で値引きはしないけど、下取り価格を高くしてくれる場合があるので、下取りもみてもらうのがいいでしょう。



買取の一括査定サービスはこちら



サブコンテンツ

このページの先頭へ