ガソリンの価格は今後どうなる?予想してみた

gasorine

ガソリン価格が下がっている

2015年1月現在、東京都内や大阪府内のガソリンスタンドでは、130円切りのセルフスタンドが出現しています。ちょっと前まで160円台後半が普通だったのと比べると、実に30円も値下がりしています。満タンにすると1000円以上の差になるわけで、かなりお安くなった印象ですね。

さてこのガソリンの価格、今後どうなるのか?

ガソリン価格の今後を知るためには、まずは何故今、ガソリン価格が下落しているかを知る必要があります。

現在のガソリン価格の要因は、OPECが減産を見送ったことが原因です。

OPEC、つまり中東の原油の生産調整などをしている、言ってみれば農協みたいな組織ですが、そいつらが最初、

「原油をあんまり作らねーぞ! だって作り過ぎたら価格が下がるじゃん!」

って言ってた。OPECでは、少ない労力で最大限の利益を得られるように、原油の生産高を調整しているわけです。でもここで登場したのがアメリカのシェールガス。テレビや新聞で聞いたことぐらいはあると思うけど、とにかくアメリカでも原油が作れるようになった。言うまでもなくアメリカは原油の最大輸入国。OPECにとっては上客です。さらに諸外国にもシェールガスを輸出なんて話もあるので、シェールガスなんて作られたら、OPECからしたらたまったもんじゃない。そこで

「アメリカの旦那ぁ~ 自前でシェールガスなんか作るより、
 ウチの原油を買っていただいた方が、安くつきますぜぇ」

って、手をこねこねしながら、擦り寄ってきた。つまり減産を取りやめて、原油をバンバン作るようになったんです。それが今の原油価格下落の原因。

んで、これからガソリンの価格はどうなるのか?

もちろんOPECが減産に向かえばまた値段は上がるけど、シェールガスの開発には日本の商社も複数参入していて、輸入は現実的に動いているので、OPECも当面は減産しないでしょう。

一説には1バレル、40ドル台前半まで下がるとの噂があるので、もしかしたら・・・

レギュラーガソリンがリッター100円台に!

なるかもしれません。

ただしシェールガスの先行きも不透明だし、OPECの動きもどうなるか分からないので、実際のところはわかりません。ガソリン税の1リットル53.8円を無くしてくれたら、一気に安くなるんだけど。。。

↓リッター2円安くなります↓



 

3ヶ月以内に車を買おうと思っているあなたへ・・・

 

ほけんの窓口で自動車保険は加入できる?

 


コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ