車下取りの相場は?



車下取りの相場は?

車を買い替える時に、新車購入のケースでは、新車販売店のディーラーに愛車を買取ってもらう事ができます。また中古車であれば中古車センターなどで買取りをしてくれます。これを下取りと言い、新車購入の頭金などに充てるのが一般的でしょう。そこでよく下取り価格とか下取り相場という言葉を聞きますが、それは下取りをしてもらう車種や車の状態、そして買取ってもらう場所によって違ってくるものです。


一般的に新車販売ディーラーでの下取りは安めの相場になっています。

これは自動車販売店では同系列の販売店を利用するとか、専門の中古車センターなどと提携していないため、店舗内販売やオークションへ流して簡単に処理するために安く買い取らざるを得ないという理由があります。


ディーラーはメーカー直結の販売店ですから、新車販売の促進がメインの仕事です。中古車を下取りするのは、あくまでも新車を買ってもらうためのサービスで、買い取った車の販売までは手間ひまを掛けられないという問題があるのです。もちろん赤字を出す事もできませんので、必然的に下取り価格は低めになってしまいます。

一方で中古車販売業者は独自の販売ルートを持っていますので、効率的に下取り車をさばく力を持っています。時流や個々の車の条件を反映した買取り相場を設定する事が可能です。ですから高く下取りしても利益回収が十分に可能なのです。この違いが価格の違いに直結していると言えるでしょう。



車を売る時、下取りに出しちゃダメ! その理由は?

 


 



 

3ヶ月以内に車を買おうと思っているあなたへ・・・

 

ほけんの窓口で自動車保険は加入できる?

 




コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ